九州で本物の自動車整備士を目指すなら久留米の自動車整備専門学校へ

学科紹介

一級自動車工学科

一級自動車工学科

一級自動車工学科の特徴

  • 電子制御の仕組みを知る!
    現在の自動車はすべての制御を電子制御で行っています。エンジン、トランスミッション、ブレーキ・エアコンはもちろん、メータ、ドアの開錠・施錠まですべての項目が電子制御化されています。この電子制御とはどのようなシステムなのかを基礎から考え直し、簡単な模型を作り学んでいきます。
  • 騒音と振動の仕組みを知る!
    今や車内空間は応接間的な空間になっています。そこで問題になるのが振動と騒音です。自動車には回転部分が数多くあり、少しのアンバランスで振動が発生し騒音につながります。発生源を特定したり、これを修正したり基本から振動とは何かを学んでいきます。
  • 電気・ハイブリッド車を知る
    環境問題が非常に問題視される現在、有限である石油資源の有効利用及び二酸化炭素の排出抑制のために今脚光を浴びているのが電気自動車(EV)、ハイリッド車(HV)です。自動車を電気で走らせるにはどのようなシステムが必要か、電気を取り扱うときの注意項目は何かを基礎から学んでいきます。
  • 故障を発見し修理を完了する!
    理論的にも構造的にも完全に理解したうえで故障探究を行います。不具合現象が発生した場合に何処に原因があり発生しているかを確認し不具合箇所を修正し修理完了を確認します。誤診は許されません。一発修理を心掛けます。
  • インターンシップで社会を知る!
    学校で習得した技術力を基に実社会で経験を積んでいきます(インターンシップ)。整備工場に出向き整備の手伝いをさせていただいたり、実際のお客様とお話をさせていただいたりして経験を積んでいきます。
  • 高いレベルの総合力を身に付ける!
    総合診断は今まで学んできたことの全てを出し切る授業で接客能力も必要とします。お客様からの不具合に対する説明を基に不具合箇所を推測し、作業時間の短縮を図り、またお客様へのアドバイスも添えて提案する能力を身につけていきます。

高度診断機を使った診断技術を身に付ける

高度診断機を使った診断技術を身に付ける

車の基本性能は、「走る・曲がる・止まる」という3つです。この3つの基本性能を高めるために、車においても電子制御技術を使っています。この技術により、車の燃費は向上し、高速でも安定したコーナーリングができ、雪道でも安全に停止する事ができるようになりました。これからのメカニックには、電子制御を理解するというスキルが必要です。人間の五感を使った故障探究だけではもう太刀打ちできない時代となりました。そこで必要となるのが、外部診断機と呼ばれるものです。これは、車に備えられているコンピュータの処理情報等を外部から詳細に知ることができる診断機です。例えば、エンジン水温は85℃だとか、燃料を噴射している時間がどれくらいだとか・・・知りたい情報がリアルタイムで表示されます。これからのメカニックには「データを解析し、点検・修理を行う」という高度な技術が要求されます。一級自動車工学科では、この診断機を“手足の様に使いこなせ”をスローガンに、次世代を担う「エレクトロニック・メカニック」を輩出していきます。

お客様応対を学ぶ

お客様応対を学ぶ

国家一級整備士の資格を取得するためには、3つの関門があります。1つ目は、学科試験、2つ目は口述試験、3つ目は実技試験です。この中で、2つ目の口述試験とは、お客様に正確な整備内容が説明できるかどうかの試験です。国家二級、三級試験にはありません。国家一級だけに求められるスキルです。一昔前のメカニックは、車の整備をするのが主な仕事で、納車時の整備説明などは、フロントと呼ばれる受付係の仕事でした。しかし、現在は車を整備したメカニックがお客様に作業内容を説明します。このことで、お客様に“顔の見える整備”を提供し安心感を持って頂くことが狙いです。無愛想で、整備説明も出来ない様では、一級整備士に値しないという事です。そこで、一級課程においては、模擬ユーザーを相手に整備説明の実習を行っていきます。実際のディーラーで百戦錬磨を経験した教職員がいろんなお客様に対応するスキルを惜しみなく伝授していきます。

取得できる資格

国家資格 一級小型自動車整備士国家資格
その他
  • 損害保険募集人資格
  • 有機溶剤作業主任者
  • 中古自動車査定士
  • 職業訓練指導員
専門士の称号付与(文部科学大臣認可)

卒業後の進路

就職状況

二級自動車整備士をしのぐ整備技術と次世代自動車に係る高度な知識と教養、および一流のサービスマンとしてのコミュニケーション能力を身につけた一級自動車整備士は、就職先企業での処遇が大学卒と同等に扱われ、幹部候補生への近道となります。
なお、就職先企業としては、二級自動車工学科と同等で幅広い就職先が約束されています。

ページトップへ